先日引っ越しをしましたが、大きい家具の移動は業者に || 結婚して5年、わけあって離婚する事になりました。女で1つで東京での子育ては辛すぎる

結婚して5年、わけあって離婚する事になりました。女で1つで東京での子育ては辛すぎるので、地元茨城に戻ることにしました。はじめての子連れ引越し、2歳イヤイヤ期で不安がいっぱいですが。シングルマザーがんばります!

東京から地元茨城に出戻り引越しします!2歳の娘を連れてシングルマザーデビュー

↑ページの先頭へ
枠上

先日引っ越しをしましたが、大きい家具の移動は業者に

先日引っ越しをしましたが、大きい家具の移動は業者に依頼しましたが、あとのものは自分たちで運びました。


荷物の移動が一段落したところで、転入届を市役所で出してきました。あちこちで思いがけないことがあっても、何人もの方が協力してくださり、本当にありがたいことです。ご近所への挨拶も済ませ、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。


いろいろな引っ越しの進め方がありますが、近頃では、業者にすべてを任せる形の引っ越しを選ぶ人も増えています。
ですが、大型の家具、重い家電など、傷つきやすい荷物が運搬されている間は、業者の作業を見ておいた方が良いです。

もし仮に、引っ越し業者のスタッフがそういった荷物の運搬中に壊したり、傷をつけたりすると、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。
ただ、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、と確認しておかないと、すみやかな補償が難しくなるかもしれません。



無事転居を済ませても、電気や水道が使えなければ困りますので、色々と事前の手続きが必要です。
そしてこれらのライフラインと共に初日からぜひ、インターネットも問題なく使えるようにしておきたいところです。

現在のプロバイダ契約に、あまり満足していないという場合はこの機会に解約を考えてみましょう。


でも、今のままで問題がない、満足している、という時は、基本的な契約はそのままにしておき転居先で引き続き使えるように、住所変更の手続きなどをするようにします。



ただし、引越し先のネット環境によっては開通工事などの必要も出てきます。



引っ越しを終わらせてすぐネットができるようにしたいのなら、早めに動いた方が良いでしょう。



引っ越し業者を使わずに、自分だけで引っ越し作業をしたい場合はまずは荷物を少なくすることを考えます。なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、狭い所に詰め込んでいきやすいように、適度な大きさのダンボールを使用して荷造りをしたり、食器などの割れ物は、Tシャツなどの衣類にくるんで梱包する、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。


一例ですが、こういう風に荷物はなるべく減らすよう、算段しましょう。煩雑な書類手続きも、引っ越しの時には増えてきます。中でも特に重要度の高いものとしては免許証など、自動車関連のものかもしれません。運転免許証の住所の変更ですが、これは免許証がよく本人確認書類として機能しているため、ただちに手続きをすませてしまう人は多いです。
しかし、なぜか車庫証明の登録し直しのことは、忘れられがちです。

車庫証明も、警察署で登録し直しはできるのですから、免許証と一緒に手続きをしておけば何度も足を運ばずに済みますよ。住まい探しについては、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。


その不動産屋さんで、私の担当をしてくれた人が、とても丁寧に対応してくれたので安心し、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。


近所に何軒かある他の不動産屋さんへも行ってみる気はあったのですが、他所のお店のサイトに掲載されている物件も、こちらの店で紹介できると担当者さんに教えてもらったので、あちこち出向かずに済みました。
賃貸の部屋から転居していく時には、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。

大家さんや管理人さんの立場の人が部屋に入ってきて、部屋のチェックを隅々まで行います。
立会いを終了させてめでたく退去が叶います。


また、いろんなケースもあるようですが、水道ガス電気など、公共料金の支払いは済ませておくのが常識ですし、鍵は、作ったスペアも入れて全て返却しないといけません。学校を卒業した直後、仲の良い友達と共同生活していました。当時はペット不可のアパートがほとんどで、友達のところに猫がいたので物件探しの際、その条件を最優先しました。

いくつもの不動産屋を回り、やっとのことで物件が見つかりました。すぐに入居でき、私も、友達も、猫も満足できました。ローンの申請も通り、やっと住宅を買えることになりました。ところが、契約を問題なく完了させるために印鑑登録された実印が必要、ということをまったく知らずにおりました。登録だけは、親が済ませておいてくれていました。


でも、この状態、つまり別の市から転居してくる場合ですと、新しい引っ越し先の役場で新しく印鑑登録の手続きが必要になります。



仕方がないのでバタバタと登録しに行って大変慌ただしい思いをしました。生活に何らかの変化がありNHKの番組をテレビで見ることはないと予想され、受信料支払い契約を解除したい場合、自宅に受信できる機械がないことを証明する手続きも要求されて、かなり面倒なことになると思ってください。



それだけでなく、受信料を口座引き落としにしている世帯では、NHKとの間に解約が成立するまで受信料の引き落としを止められないので、結論を出したらすぐに、契約を解除する手続きを進めるのが正解です。
枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 東京から地元茨城に出戻り引越しします!2歳の娘を連れてシングルマザーデビュー All rights reserved.