自分は引っ越しで損をしたくないと思う || 結婚して5年、わけあって離婚する事になりました。女で1つで東京での子育ては辛すぎる

結婚して5年、わけあって離婚する事になりました。女で1つで東京での子育ては辛すぎるので、地元茨城に戻ることにしました。はじめての子連れ引越し、2歳イヤイヤ期で不安がいっぱいですが。シングルマザーがんばります!

東京から地元茨城に出戻り引越しします!2歳の娘を連れてシングルマザーデビュー

↑ページの先頭へ
枠上

自分は引っ越しで損をしたくないと思う

自分は引っ越しで損をしたくないと思うなら見積もりをとってから引っ越しの業者を決めましょう。業者に来てもらい、実際に見てもらえば完璧ですが、直接見てもらうことが難しければ電話でおおよその荷物の量を説明すると一番適当なプランがわかります。
他社との比較をすることで安くしてくれる業者もいるためどうにか時間を作っていくつかの業者から見積もりをとるようにしましょう。



近年においては、一般的な話ではなくなってきてしまいましたが、引っ越しが終わったら、家族や引っ越しに関わった人たちと当たり前のようにソバを食べる、という面白い習慣が、かなり以前からありました。元々は、ソバの形状に掛けてどうか細く長くお付き合いできますようにと縁起をかつぐ意味合いと、ソバに越してきましたので、よろしくなどとダシャレも込めつつ新しいご近所さんたちに振る舞われたり、配られたりしたとされています。

引っ越しで住民票を移すと、必ずしなければならない手続きに含まれるのが運転免許証の住所変更を申請することでしょう。

写真付き身分証明書として運転免許証を使うことも結構多いため、引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。


転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。
住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を窓口受付時間内に提出し、必要事項を記入して少し待てばすぐ変更できます。



引っ越しプランは人それぞれながら、近頃では、業者にすべてを任せる形の引っ越しを選ぶ人も増えています。ですが、大型の家具や、重い家電が運ばれる際には、作業を近くで見ておくべきです。
仮に業者がそういう荷物を運んでいる最中に傷をつけるなどの損害が発生した場合、引っ越しにまつわる約款によって、業者が補償を行ないますが、確かに引っ越しによってついた傷なのかを主張しないといけないからです。

何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。
「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。とある引っ越しの時、運んでもらった荷物の中で、陶器が何個か、欠けてしまっていました。実は自分の作品だったので、かなりショックを受けました。といっても、高い物ではなかったので、クレームを入れたりはしなかったです。これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。


何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。
十分な大きさと量のダンボールを揃え、日程を考えて梱包作業を進めます。

日用品は取り除けておき、それ以外をものの種類で分けながらさくさくと梱包していきます。

ダンボールの表面に何が入っているか書いておけば荷物を開ける際、役立つでしょう。



電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも抜け落ちないように気をつけてください。



業者に引っ越しを頼む場合、金銭面の負担は避けられませんが、業者によっても引っ越しの費用が異なってきます。


出来るだけ無駄な出費のない業者を見付けたいですよね。



たとえ費用が最安値でなくても、引っ越しの時に出たゴミや不用品を回収してくれるサービスのオプションがついている業者もあります。なので、引っ越しを考えた時には、いくつかの引っ越し業者の見積もりとセットのサービス内容と合わせて検討してみるのが良いでしょう。

現在の部屋に引っ越してくる前のことですが、住まい探しは、近所にあった不動産屋さんのお店に直接行って、部屋探しをしました。
その不動産屋さんで、私の担当をしてくれた人が、本当に親切で、対応が丁寧だったので、すっかり信用しまして、担当の人がおすすめする物件の中から、選ぶことにしました。



そことは別の不動産屋さんも訪れてみるつもりだったのですが、他所のお店のサイトに掲載されている物件も、こちらの店で紹介できるということを教えてもらいましたから、お店のハシゴはせずに、帰ることにしました。

荷造りはいろいろ手がかかるものですが、食器はまた格別です。

お皿やグラス類は割れ物なので、包み方や詰め方も細心の注意を払わないと運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。

どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。そういう食器の場合、内側に丸めた新聞紙を入れてから外側から包み、特別な箱に詰めるなど、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば破損の可能性はかなり低くなります。私は引っ越し経験があるほうだと思います。


どのタイミングでガスを止めるか考えてしまいますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。
引っ越し前はどんな時季でも身体を動かしていますし、汗もかいているので引っ越し前日には、夜遅くなってもお風呂で手足を伸ばして温まり、それまでの疲れを癒やしたいと思うからです。

そして、当日も、ガスを止めるまで温かいものが飲めれば一息つけるからです。


枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 東京から地元茨城に出戻り引越しします!2歳の娘を連れてシングルマザーデビュー All rights reserved.