転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は || 結婚して5年、わけあって離婚する事になりました。女で1つで東京での子育ては辛すぎる

結婚して5年、わけあって離婚する事になりました。女で1つで東京での子育ては辛すぎるので、地元茨城に戻ることにしました。はじめての子連れ引越し、2歳イヤイヤ期で不安がいっぱいですが。シングルマザーがんばります!

東京から地元茨城に出戻り引越しします!2歳の娘を連れてシングルマザーデビュー

↑ページの先頭へ
枠上

転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は

転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。
「壊れやすいものは、絶対に他人に任せるな」です。ちょっと大手の引っ越し業者に運んでもらった荷物のうち、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。それが実は自作の皿で、大事にしてきたものでしたら、衝撃は大きかったです。
ただ、値段のつくようなものではないのでクレームを入れたりはしなかったです。

ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。



引っ越しは家財道具の整理の機会でもあるわけで、どこの世帯の引っ越しでも不要品が生じます。

処分に頭を悩ませてしまいますよね。
ここで調べる価値があるのは不要品引き取りサービスを引っ越し業者が行っていることです。一部のものは、引っ越し業者がお金を払って処分しなくてはならないものをリサイクルといった名目をつけて無料で引き取ることもあります。利用できるかどうか、聞いてみて損はありません。大抵の引っ越しにおいて、意外と費用がかかってしまうが実は、エアコンの取り外しや、設置の工事にかかる費用なのです。エアコンを取り付けたり、外したりするのは、専門家の仕事になりますので、工事費の例としては、取り付け一台で軽く一万円ほどはかかるようです。エアコンの扱いが、引っ越し作業のオプションとしてつけられているならそんなに高額になることはなさそうです。
しかし、引っ越し業者はエアコンを新居に運ぶだけ、そして工事をどこにも頼んでいないという場合は、改めて専門業者に取り付けを頼むか、あるいは、新品を購入して、古いものの引き取りと、取り付け工事もしてもらうかいろいろと、考え合わせてみると良いですね。

少しでも引っ越しにかかる費用を節約したいなら見積もりをとった後で、引っ越しの業者を決定することを忘れないでください。業者に来てもらえば正確な見積もりが出ますが、それはちょっとできない、という場合はおよその荷物の量を電話で具体的に伝えるだけでも大体いくらぐらいになるかわかります。
他の業者はいくらだったというと標準価格から引いてくれることもあるので、できれば5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。住居を変えると、その度にどうしても不用品が出てきますが、こういったものをいくつかの引っ越し業者が買い取るサービスをしており、大変な人気を呼んでいます。大型収納家具からブランド品、あるいは大きなテーブルや応接セットといったものまで、引っ越しによって出てくる不用品は、いろいろあります。このように数と種類が多いなら、業者を選ぶのが賢明です。


なぜならそういうところは、確実な査定をしてくれることが多く、品物の種類ごとに買い取り先を探さなくて済みますね。

私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前にこのアパートに引っ越したのです。



ここにいるのはせいぜい3年で実家の近くで仕事を見つけるつもりで、実家に住民票を置いたままにしていました。


けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で辞める気がどんどんなくなっていき、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、地方税はこちらの方が安いことにも気づき、これからの住所変更もありかな、と思っています。

居住地を変えることにより、転出・転入の手続きをしますが、今後も使うためには、変えなければならないケースも多いです。

代表的なのは固定の電話番号です。

最寄りのNTTに連絡して、引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを確認しておきましょう。


固定電話の番号は、市外・市内局番とその後の個別番号から成り立っています。


同じ市内局番エリア内の引っ越しなら同じ電話番号を使うことができます。



天候は、引っ越し作業に大きく影響することが多く、激しい降雨などがあると、防水の徹底など、作業が増えて時間がかかってしまうでしょう。作業を一貫して業者に任せてしまうのでしたら、雨によって荷物が傷むなどのおそれは無いでしょう。

でも、雨で渋滞などが起こりやすくなり荷物の到着が遅れたりする等のトラブルは考えられます。業者スタッフに任せず、自分で荷物の梱包を行なうのなら、ビニールで覆うなど、雨天時の対策はかなり大事です。
予想外の急激な雨にも対応できるよう備えておくと良いでしょう。私は引っ越し経験があるほうだと思います。



ガスは事前に止めることもできますが、私はできるだけ、引っ越し当日に止めてもらうようにしています。
どうしても、引っ越しの準備をしていると何のかのと体力を使っているので引っ越しの前日は、どんなに遅くなってもお風呂で手足を伸ばして温まり、疲れを癒やすのが楽しみでした。


引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めばふと緊張が解けることがあります。
先日引っ越したのは良いのですが、引っ越し当日までに大変な労力を使いましたね。マンションの高い階に住んでいたため大きい荷物は業者任せにしました。引っ越し費用を少しでも浮かせたいと思い、自分でエレベーターに乗せられる荷物は何日もかけて台車を借りて運び出し、新居に搬入しました。



台車の力は侮れません。
枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 東京から地元茨城に出戻り引越しします!2歳の娘を連れてシングルマザーデビュー All rights reserved.