大きめの家電などを、引っ越し作業 || 結婚して5年、わけあって離婚する事になりました。女で1つで東京での子育ては辛すぎる

結婚して5年、わけあって離婚する事になりました。女で1つで東京での子育ては辛すぎるので、地元茨城に戻ることにしました。はじめての子連れ引越し、2歳イヤイヤ期で不安がいっぱいですが。シングルマザーがんばります!

東京から地元茨城に出戻り引越しします!2歳の娘を連れてシングルマザーデビュー

↑ページの先頭へ
枠上

大きめの家電などを、引っ越し作業

大きめの家電などを、引っ越し作業中に運んだりしているのを見かけると、落としたりぶつけたりしないか、ヒヤヒヤします。階段から落下させて壊した、などという状況は最悪ですから、見た目にも丁寧に荷物を運んでくれる引っ越し業者は信用でき、頼りにしています。

引っ越し作業は、私は大体いつもスタッフと共に作業することにしています。
でも、それもあってか、目の前で荷物を荒く扱われた、という経験はないです。


万が一、家電などの破損があったりすると、引っ越し業者から補償を受けられるので、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせず作業はお任せしてしまった方が、得になる気もします。

日取りも決まって、さて引っ越し作業を始めようという時、手元になくてはならないものとしては、とにかくまず、ダンボールではないでしょうか。引っ越しの荷造りを行なうのに、ダンボールは不可欠です。

大きさを色々揃えておくと、使い分けができて作業をスムーズに進めることができるでしょう。相当多く使うことになるはずですので、想定より多めの個数を準備するのが良いようです。さてダンボールの入手ですが、ホームセンターで買ったり、お店で使用済みのものをもらうこともできます。しかしながら、業者が用意するダンボールを利用するのが作業効率の点から見ても良いようです。


先週の土日を使って、引っ越しを終えました。
荷物の移動が終わって、夕方、部屋の電気をつけて、「もう自分の家になったんだ」とジーンときました。



その日の夜は気も大きくなっていて、普段ならぜいたく品のピザとお寿司をとって、好きなワインも買って引っ越しのお祝いをしました。まだ残っている片付けもがんばります。
もうそろそろ、犬を飼い始めて十年ほど経ちます。


ずっと一緒に暮らしてますので、引っ越しをするとなるとペットを飼っても良い、というマンションを探し回ります。



ところで、単にペット飼育が可能なマンションと言いますが、なるべくなら、ドッグランが屋上にあるなどちゃんと設備が整った物件をみつけたいものです。そういった設備のせいもあって、家賃がそれなりに高くなってもペットと一緒の生活を続けたいと考えます。


引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、なるべく大型家具の表面や、家電に目に見えるような傷を残したりしないようにします。
新しい住まいのために購入したおしゃれな家具などは、何か緩衝材になるようなものを巻くなど工夫して用心深く運ぶようにしたいものです。お気に入りの新しい家具を、新居に置けるとなると嬉しいものですが、細かいキズだらけにしてしまったりすると、とても損した気分になりそうです。もしも引っ越して、住まいの住所が変わったら、早めに国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きが必要となっております。資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、加入手続きの方は、新しい住所の方で行います。印鑑、国民健康保険証と、さらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて手続きをします。
誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。もう今時は、見かけなくなりましたし、ほとんと知らない人もいるようですが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といった習慣がかつてはあったのです。
どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長いお付き合いをしたいと縁起をかつぐ意味合いと、ソバに越してきましたので、よろしくなどとダシャレも込めつつご近所のみなさんに振る舞ったのが、始まりだと言われているようです。

今日においても、引っ越し時の挨拶は近所とのコミュニケーションを円滑に進めるという点から言っても欠かすことが出来ません。

挨拶には贈答品も必要になりますが、のし付けが難しい問題ですよね。
ですが、そこまで肩肘を張ってかしこまる必要もありませんから、のしは外のしが最適です。表書きは「ご挨拶」として、下にはご自身の苗字を記載するようにしておけば完璧ですね。



数年前、新築の家を建ててそこへ引っ越したのですが、デスクトップパソコンを無事移動するために、あらゆる手を尽くしました。


引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないようたくさんのクッション材を使って梱包しました。業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、表面も中身も、全くトラブルなく移動できました。家族が多く、荷物も大変な量になりますから、引っ越しの作業は、ほぼ全てを業者にやってもらっています。

しかし、毎回の事ながら、心付けをいつ渡すべきか、困ることが多いです。

料金は料金としてちゃんと払うにしても、長時間の大仕事をこなしてくれましたから、プロの作業員の方達に、感謝の気持ちを抑えられなくなるのです。
飲み物一人あたりペットボトル一本ずつと千円札一枚ずつをお渡ししております。

しかし、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 東京から地元茨城に出戻り引越しします!2歳の娘を連れてシングルマザーデビュー All rights reserved.